高遠棒ほうじ茶ソフト好評 ファームはせ

LINEで送る
Pocket

新作ソフト「高遠棒ほうじ茶ソフトクリーム」をPRするお茶屋いちえの井口裕太代表(左)とファームはせの羽場有里さん

農業法人ファームはせは、伊那市長谷の道の駅「南アルプスむら長谷」の直売所で「極濃 高遠棒ほうじ茶ソフトクリーム」の販売を始めた。同店で人気の、すずらんハウス(駒ケ根市)が製造する「すずらんソフトクリーム」に、お茶屋いちえ(伊那市御園)のほうじ茶「高遠棒ほうじ」のパウダーを練りこんだ新作。すずらん牛乳のすっきりとした味わいと高遠棒ほうじ茶の濃厚さが感じられるソフトに仕上げた。

静岡県産茶葉の茎を深煎りした高遠棒ほうじ茶の香り高さと、ベースのすずらん牛乳のほのかな甘味が楽しめる。お茶屋いちえ代表の井口裕太さん(36)は「深煎りなので香りが立ち香ばしく、ミルクとの相性が良い。苦みがなく子どももおいしく食べられるので、地元の人たちにたくさん食べてほしい」と話す。

昨年11月に直売所で高遠棒ほうじ茶の取り扱いを始めたことをきっかけに、両店が連携し開発。今年の3月ごろから試作を重ね、6月末に商品化にこぎつけた。

販売開始から話題となり、子どもから高齢者まで幅広い世代に好評という。開発に携わったファームはせ従業員の羽場有里さん(35)は「ご当地ソフトとして地元が盛り上がってほしい」と期待した。
 
ほうじ茶ソフトは1個450円(税込み)。販売時間は午前9時~午後5時30分。月曜日は午後3時まで。

おすすめ情報

PAGE TOP