諏訪の魅力をトーク 地域おこし隊の番組配信

LINEで送る
Pocket

諏訪の魅力を語る諏訪市、下諏訪町の地域おこし協力隊

諏訪市、下諏訪町の地域おこし協力隊が16日から、諏訪の魅力を発信する動画番組「ちおこトーーク!」を市公式ユーチューブチャンネルを通じて配信する。5日に1回目の番組の収録があり、移住者の視点で諏訪の魅力を語る。自然が豊かでありながら都会的な便利さを持ち合わせ、友人や知人以外でもあいさつする文化が新鮮に映ったようだ。

番組は全5回シリーズ。1回目のテーマは「暮らす」で両市町の協力隊8人のうち、5人が出演し、移住後の印象やお気に入りのスポットを伝えた。5人は東京都や神奈川県からの移住者。山岳や高原に憧れて協力隊となった人も多く、第一印象に雄大な自然や山との近さを挙げる声があった。一方で生活に必要な店が多く、「意外と便利」との評価もあった。

諏訪のおすすめスポットとして、諏訪湖や砥川、八島湿原などが挙がった他、スーパーマーケットや直売所に並ぶ野菜のおいしさについて語る協力隊もいた。5人の息の合った掛け合いも見どころの一つとなりそうだった。

番組の企画者の一人で協力隊の石田名保子さん(42)は「諏訪なら移住できそうだと思ってもらえる番組にしたい。この地域を少しでもよく知ろうという意識を持った私たちの視点は、意外と知られていない地域の良さに改めて気付くきっかけになるかもしれない」と話していた。

次回は「観光」がテーマ。その後は「歴史・学び」、「住まい」、「仕事」の順番に番組を製作し、8月以降2カ月に1回ペースで公開していく。

おすすめ情報

PAGE TOP