新型コロナ 県内全圏域4カ月ぶりレベル1

LINEで送る
Pocket

県は7日、諏訪圏域の新型コロナウイルス感染症の感染警戒レベルを「3」(警報)から「1」に引き下げた。諏訪圏域のレベルが1となるのは6月18日以来。同日は上伊那圏域のレベルも「4」(特別警報1)から「1」に引き下げられ、3月10日以来約4カ月ぶりに全圏域のレベルが「1」となった。

感染警戒レベルは県が独自に6段階で設定。諏訪圏域では、感染者が減少したことから6月17日に「1」となったが、直後に新規感染者が急増し、20日に「3」に引き上げられた。「3」への引き上げから14日以上経過し、6日までの直近1週間当たりの新規陽性者数が人口10万人当たり1.03人と基準(同2.0人)を下回るなど感染拡大が落ち着いていることからレベルを「1」とした。

県は引き続き、マスクの着用や十分な換気、手指消毒などの感染予防策を正しく適切に行うよう求めている。感染拡大地域への訪問を控えることや、食事や休憩などの場面での対策の徹底も呼び掛けている。

おすすめ情報

PAGE TOP