南箕輪村地域おこし協力隊 活動など動画配信

LINEで送る
Pocket

動画を編集する村地域おこし協力隊の鹿谷さん(右)と瀧森さん

南箕輪村の地域おこし協力隊、鹿谷碧(ろくたに・あおと)さん(24)と瀧森優(たきもり・ゆう)さん(27)が、動画投稿サイト「ユーチューブ」にチャンネルを開設し、活動の様子を配信している。首都圏出身の2人が、まずは村内を知ることから始めよう―と考案。撮影した動画は自ら編集している。「有益な情報を集め、発信できれば。気軽に、面白く見てもらえる内容にしたい」と話している。

2人は4月に着任。神奈川県出身の鹿谷さんは空き家の利活用を進める取り組み、東京都出身の瀧森さんはダンス講師の経験を生かしてスポーツを通じた地域振興を担っている。活動するに当たり、年齢が近い2人は「今は動画の時代。SNS(会員制交流サイト)も活発に利用されている」と、チャンネルを開設することにした。

配信する動画は、村内の人気スポット紹介や元協力隊員とのコラボ企画など。現在はコロナ禍でイベントの中止が相次ぎ、活動に制限があるが、いずれは移住定住の促進や地域スポーツ振興と絡めた動画も配信したい考えだ。

週1回のペースで配信し、毎週土曜日にアップしている。鹿谷さんは「企画と絡めてさまざまな情報を伝えたい」と意欲十分。瀧森さんも「肩の力を抜いて、楽しみながら見てもらいたい」と呼び掛けている。

10日に大芝高原で予定している「七夕とうろう祭」が新型コロナ感染症対策で無観客開催となるため、同チャンネルでライブ配信する。配信は村地域おこし協力隊ユーチューブチャンネル「あおとゆうちゃんねる」で検索する。

おすすめ情報

PAGE TOP