諏訪湖サマーナイト花火25日から

LINEで送る
Pocket

諏訪市の諏訪湖で25日から36日間、毎日午後8時30分から10分間、500発の花火が打ち上げられる。昨年は新型コロナウイルスの影響で8月15日の10発だけだったが、今年は小規模ながら2年ぶりに「諏訪湖の花火」が戻ってくる。マスクの着用や「3密」の回避、飲食の自粛など感染症対策に理解と協力を呼び掛けている。

期間中、花火の規模は同じだがイベント名は二つに分かれている。7月25~31日と8月16~29日は「諏訪湖サマーナイト花火」、8月1日から15日までは諏訪市制施行80周年記念「第73回諏訪湖祭湖上花火Two Weeks」と題して行う。それぞれの実行委員会が主催する。

サマーナイト花火は湖上の初島から、湖上花火は初島と台船から打ち上げる。例年だと、サマーナイト花火は毎晩800発、湖上花火は4万発で夜空を彩るが、今年は1日500発にとどめ、コロナ禍に対応して観客の分散化を図り、経済活動と伝統行事の継承につなげる。

花火は最大5号玉で、サマーナイト花火は音楽に合わせた構成とし、湖上花火ではミニ水上スターマインの演出も予定している。8月1~15日は自宅でも楽しめるようにLCVテレビとラジオ、動画投稿サイト「ユーチューブ」に生配信するほか、旧東洋バルヴ諏訪工場跡地に臨時駐車場を設ける。会場に有料桟敷席は設けない。

新型コロナの感染状況や当日の混雑状況で中止する場合がある。

7月15日には、煙火消費許可に向けた現地調査が初島で行われ、実行委員会や煙火店の担当者が警察や消防に花火の内容を説明。36日間の花火と感染症対策を知らせるイベントチラシも完成した。

上諏訪温泉にあるホテルによると、夏休みの子ども連れやカップルなど少人数グループを中心に予約が入り始めた。花火への期待が高まっており、8月上旬からは満室に近い状態という。

おすすめ情報

PAGE TOP