販路拡大へ「お取り寄せ便」 富士見町商工会

LINEで送る
Pocket

富士見町の商品をネット販売する「お取り寄せ便」への出店を呼び掛ける町商工会の両角事務局長

富士見町商工会は、インターネット販売などを手掛ける一般社団法人リンクワーク(富士見町)と連携し、同町で生産されたさまざまな商品をネット上のショッピングモールを通じて全国に発信、発送する事業「お取り寄せ便」を開始する。これまでネット販売に踏み出せていなかった小規模事業者の販路拡大を支援したい考えで、参加企業を募っている。

リンクワークは身体障がい者4人でつくる法人。同商工会は会員の販路拡大の支援を模索する中で、同社のネット販売システムに注目。地元に特化したネット販売サイトを立ち上げようと、両者の連携が実現した。

同商工会ホームページのトップ画面から「お取り寄せ便」のサイトを表示できる。サイトには出店者の商品説明や写真、値段などが表示され、「注文手続き」のアイコンをクリックすると全国どこからでも商品を発注できる。ネット上で注文が入ると、出店者に情報が届き、宅配業者が出店者から集荷し発送するシステムだ。

出店対象者は町内の事業者で、商工会員以外でも参加できる。品目は農産物加工品やクラフト作品、菓子、機械製品など幅広く受け付ける。

同商工会は、コロナ禍で移住希望者や観光客らが地方の情報や商品をネット検索・注文する機会が増えている-と分析。コロナ収束後を見据え、町内の事業者にネットの販路を確立するきっかけにしてほしい考え。同商工会の両角鉄男事務局長は「今後、町内企業向け説明会や個別相談も行い、参加企業を増やしていきたい」と話した。

問い合わせはリンクワーク(メール link.work.plum@gmail.com、電話0266・75・5425)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP