東京五輪 阿部一二三、詩 柔道金メダル

LINEで送る
Pocket

きょうだいで金メダルを獲得した柔道男子66キロ級の阿部一二三(右)と女子52キロ級の阿部詩=25日、日本武道館(時事)

東京五輪第3日の25日、柔道男子66キロ級の阿部一二三(パーク24)、女子52キロ級の阿部詩(日体大)のきょうだいがそろって金メダルを獲得した。競泳女子400メートル個人メドレーの大橋悠依(イトマン東進)、新競技のスケートボードでは男子ストリートの堀米雄斗(XFLAG)も優勝。この日は4選手が頂点に立ち、日本勢の金メダルは5個となった。

五輪の日本選手で、男女のきょうだいがメダルを獲得するのは、夏冬を通じて初めて。

ソフトボールの日本はカナダに延長タイブレークの末にサヨナラ勝ちし、4連勝で27日の決勝に進出。卓球の新種目、混合ダブルスの水谷隼(木下グループ)伊藤美誠(スターツ)組も準々決勝と準決勝を制して26日の決勝に進み、銀以上を確定させた。

サッカー男子の日本はメキシコを下し2連勝。バレーボール女子の日本は初戦でケニアを破った。テニスのシングルスでは女子の大坂なおみ(日清食品)と男子の錦織圭(同)が1回戦で快勝。

バドミントンでは男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)が白星発進。重量挙げは男子61キロ級の糸数陽一(警視庁)が4位。競泳男子200メートル自由形の松元克央(セントラルスポーツ)は予選で敗退した。(時事)

おすすめ情報

PAGE TOP