ゆたん歩゜ 入館者30万人達成 下諏訪町

LINEで送る
Pocket

30万人目の節目の場面で入館し、記念品を受け取った利用者ら

下諏訪町の高浜健康温泉センター「ゆたん歩゜」で26日、オープン以来の入館者が30万人に達した。町は同日、30万人目の辛媛媛さん(40)=同町社=と前後の入館者に記念品を贈った。

同施設は、町が諏訪湖畔を中心として整備を進めてきた「健康スポーツゾーン」の拠点となる温泉を活用した健康増進施設。男女別の内湯や露天風呂、足湯のほか、健康増進室、歩行浴プールなどを備え、定期的に開催する水中歩行やストレッチなどの健康教室も人気を集めている。

2014年4月にオープンし、17年1月に10万人、19年2月に20万人を達成。昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で営業できない時期もあったが、営業日数2648日目で30万人を達成した。1日平均利用者は約113人。

3人に記念品を贈った宮坂徹町長は「子どもから高齢者まで利用していただき、最近では観光客の利用も増えてきている。今後とも安心して利用してもらえる施設にしていきたい」とし、30万人目となった辛さんは「ここの温泉は熱すぎず丁度良くてリラックスできるので下諏訪で一番好きな温泉。週2回ほど利用すている」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP