東京五輪 柔道混合団体で銀メダル

LINEで送る
Pocket

柔道混合団体で獲得した銀メダルを手にする日本チーム=7月31日、日本武道館(時事)

東京五輪第9日の7月31日、柔道の新種目の混合団体で日本が銀メダルを獲得した。決勝でフランスに屈した。ボクシングの女子フェザー級では入江聖奈(日体大)が準決勝で英国選手を破り、銀以上を確定した。

アーチェリー男子個人の古川高晴(近大職)は、個人戦でロンドンの銀以来となる銅メダルを獲得した。

サッカー男子の準々決勝で日本はニュージーランドを0―0の後のPK戦で下し、2大会ぶりに4強入りを決めた。

ゴルフ男子の松山英樹は第3ラウンドを終え、通算13アンダーで首位と1打差の2位につけた。野球の日本はメキシコを7―4で下し、1次リーグ2戦2勝で準々決勝に進んだ。

陸上男子100メートル予選で山県亮太(セイコー)と多田修平、小池祐貴(ともに住友電工)はいずれも敗退した。

第9日を終えて日本の金メダル数は変わらず、獲得メダルは金17、銀5、銅8となった。(時事)

おすすめ情報

PAGE TOP