ピンクの大輪ダリア満開 茅野の柳沢さん畑

LINEで送る
Pocket

大輪のダリアが見頃を迎え市内外からファンが訪れている柳沢さん(中)の畑

茅野市泉野下槻木の柳沢省一さん(82)の畑で、ダリアの花が見頃を迎えている。今年は肥料を変えた効果もあってか、色が濃いめだといい、八ケ岳を仰ぐ標高約1000メートルの田園地帯の一角をピンクの大輪の花で染めている。

柳沢さんは花が好きで、自宅の周りに植えたダリアの球根が増え、空いていた畑に植え始めた。晩秋に球根を掘り出し、室で冬を越し、春に植え付ける。約7アールに約800株。心待ちにするファンや写真愛好者も訪れている。公開は10年以上続くが、昨年は気候の影響で生育が悪く2年ぶりとなる。

下諏訪町の夫婦は「新聞を見て毎年来るようになった。色鮮やかで素晴らしい」と感心。茅野市内のデイサービスを利用する女性たちは「きれいだねえ」と話し笑顔で写真に納まっていた。

柳沢さんは「喜んでもらえるのが張り合い。コロナで大変だがダリアと澄んだ空気で元気になってほしい。摘んでいくのは12日からにして」と話している。

おすすめ情報

PAGE TOP