恒久平和祈り込め 諏訪で77作品展示

LINEで送る
Pocket

平和を願う平面、立体の作品が並ぶ「2021夏平和を愛するあなたへ展8」=諏訪市駅前交流テラスすわチャオ

恒久平和を願う諏訪地方の作家らの作品展「2021夏平和を愛するあなたへ展8」(同実行委員会主催)が4日、諏訪市駅前交流テラスすわチャオで始まった。油彩画、水彩画、陶芸、写真など77点を展示し、展示会が開ける平穏な世の中が永久に続くよう祈りを込めている。9日まで。

平和な世界の尊さや守り抜く意思を感じさせる作品、疫病の収束を願う作品などが並ぶ。出品者は20代から80代までと幅広い。来場者は新聞紙を材料に地に咲く花を表現した彫塑作品などを1点ずつ足を止めて見入っていた。

例年はワークショップなども企画しているが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、展示会のみの開催。それでも同実行委事務局の山崎康子さん(73)=諏訪市諏訪=は「この展示会は平和であればこそ開催できる。平和に対する多様な考え方を感じてもらえれば」と話している。

入場無料。開催時間は午前10時~午後7時(7日は午後8時30分まで、8日は午後4時まで)。

おすすめ情報

PAGE TOP