蓼科高原映画祭 上映14作品決まる

LINEで送る
Pocket

「小津安二郎記念・蓼科高原映画祭」の上映作品を紹介するポスター

第24回小津安二郎記念・蓼科高原映画祭(9月18~26日、茅野市内)で上映する作品が決まった。小津監督作品や話題作など14作品(延べ35本)を上映する。チケットは今月21日から、上映会場となる茅野市民館、新星劇場のほか、茅野市役所観光課などで販売する。

小津監督作品として喜劇映画「お早よう」、サイレントの「淑女と髯(ひげ)」の2本を上映する。「淑女と髯」では活動弁士の澤登翠さんが登場する。諏訪地域がロケ地になった作品として「サヨナラまでの30分」を流す。ゲストとして来場する女優中井貴惠さんが小津監督作品の脚本を読む「音語り」は映画「秋日和」を題材に26日午後1時から市民館で開く。

撮影監督の兼松熈太郎さん、短編映画コンクール審査委員長の伊藤俊也監督がゲストトークで出演する。新型コロナ対策として同じ作品を2~3回程度上映し、来場者の分散化を図る。

チケットは1回券800円(当日券1000円)、お得なフリーパス券4500円などがある。問い合わせは実行委員会事務局の市観光課(電話0266・72・2101、内線423)へ。

上映作品は次の通り。上映時間などは映画祭ホームページなどで紹介している。

▽お早よう=18、22、26日
 ▽淑女と髯=25日
 ▽洗骨=21、23、26日
 ▽サヨナラまでの30分=22、24、26日
 ▽STAND BY ME ドラえもん2=23、26日
 ▽映画すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ=19、23日
 ▽映画えんとつ町のプペル=20、24、25日
 ▽花束みたいな恋をした=19、25日
 ▽日本独立=21、26日
 ▽男はつらいよ お帰り寅さん=18、24、25日
 ▽カツベン!=20、23、25日
 ▽午後の遺言状=20、25日
 ▽だれもが愛しいチャンピオン=18、22、26日
 ▽ブータン 山の教室=19、21、26日

おすすめ情報

PAGE TOP