諏訪湖花火 15日も変わらず500発

LINEで送る
Pocket

15日までの毎晩、500発の花火が10分間上がる「諏訪湖祭湖上花火Two Weeks」(諏訪市などでつくる実行委員会主催)で、事務局を務める市観光課は「湖畔で見物する観客が10日ごろから増加している」とし、湖畔で打ち上がる様子や、ドローンによる空撮映像の生配信の視聴といった、新たな花火の楽しみ方を強く推奨している。

湖畔に集まる見物客の増加について、担当する市職員は「できれば湖畔に集まる人の数を抑えたい。生配信は広まりつつあるが、よりいっそう浸透すれば」。一部で「最終日の15日は花火の規模が大きくなる」とのうわさも広がっているというが「15日もこれまでと同様に10分間、500発です」と強調した。

市が推奨する花火の生配信は動画投稿サイト「ユーチューブ」の「諏訪湖の花火公式チャンネル」やLCVテレビ、LCV―FMで行っている。ドローン映像は15日の打ち上げに合わせて配信する。

おすすめ情報

PAGE TOP