上社本宮のお膝元 「御柱祭報道写真展」

LINEで送る
Pocket

宮町通り社乃風回廊に写真を展示する関係者ら

宮町通り社乃風回廊に写真を展示する関係者ら

長野日報社の「御柱祭報道写真展上社の部」が17~30日、諏訪市神宮寺の諏訪大社上社本宮北参道沿いの複合商業施設「宮町通り社乃風」回廊で開かれる。諏訪大社御柱祭の上社山出し(4月2~4日)と里曳(び)き(5月3~5日)で本紙記者が撮影した写真2000枚余を展示する。同写真展は茅野市、下諏訪町、岡谷市を会場に順次開き、今回が最後となる。

写真は、長屋造りの店舗外壁に担当地区ごとまとめて展示。全紙サイズのパネルと額装のみ、「風楽(ふら)っとカフェ」店舗内に飾る。

豪快な木落しや宮川での川越しといった山出しの見せ場をはじめ、里曳きを彩る華やかな出し物や氏子の勇姿などさまざまな場面の写真を飾り、大祭を振り返っている。

16日は社乃風商業会のメンバーも協力し、展示作業をした。施設を運営する「上社ドライブイン」の小口弘子社長は「2年前にオープンしたばかりなので、写真を見ながら商店街の存在も知ってもらえれば」と話している。

展示時間は午前9時~午後4時。写真の注文は「風楽っとカフェ」で受け付ける。問い合わせは同社広告事業部(電話0266・53・2000)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP