大雨被害 JR飯田線の橋梁損傷で運休

LINEで送る
Pocket

大雨の影響で線路に損傷が確認されたJR飯田線横川橋梁=16日午後1時38分、辰野町

県内は15日も大雨が降り続き、上伊那地方でも住宅の浸水など被害が出た。辰野町内ではJR飯田線の横川橋梁で線路設備に損傷が認められ、伊那松島駅(箕輪町)~辰野駅間の上下線で運休が続いているなど鉄道にも影響が出ている。JR東海によると、被害状況や原因などについては「現在詳細を確認中」で、復旧のめどは未定という。

橋梁は同町宮木・下辰野境にある一級河川「横川川」に架かる橋。大雨の増水で橋脚が洗堀され、橋梁が傾いたとみられる。JR東海によると14日午後10時30分、伊那署から連絡を受けて知ったという。この災害の影響で、現在終日運転を見合わせている。

辰野町のまとめだと、このほか町内では住宅3棟(3世帯8人)で床上浸水、住宅12棟(11世帯29人)で床下浸水、工場1棟で床下浸水の被害を確認。県道や町道など複数箇所で土砂流失などによる通行止めも発生した。避難指示は樋口下田や小野雨沢・新田など計188世帯479人に出された。

箕輪町内では、避難指示が富田や上古田のほか、松島や下古田の一部など計1169世帯2744人に出された。16日午前現在、町には水路の越水や土砂崩落など約30件の被害が寄せられている。

おすすめ情報

PAGE TOP