マツタケ本格化 伊那のグリーンファーム

LINEで送る
Pocket

伊那市ますみケ丘のグリーンファームの専用コーナーに並ぶマツタケ

伊那市ますみケ丘のグリーンファームの専用コーナーに並ぶマツタケ

上伊那地方で、キノコの王様とされるマツタケの出荷が本格化している。伊那市ますみケ丘の産直市場グリーンファームでは専用コーナーを設け、秋の味覚を求める買い物客でにぎわっている。

今年の出回りは平年より1週間ほど遅く、10月中旬まで続くと見込まれる。現在、同市場に持ち込まれるのは中央アルプス側で採れたものがほとんど。これから同市高遠町と長谷での生産が本格化するという。

同市場の専用コーナーには大ぶりなマツタケがずらりと並び、周囲は独特の高貴な香りに満ちている。買い物客たちは香りを確かめながら慎重に品定めをしていた。

小林史麿会長は「適度に雨が降り、このまま気温が高くならなければ今年も豊作が大いに期待できる。出来栄えもいいのでは」と話す。

おすすめ情報

PAGE TOP