地域の安全鎮火祭で祈願 諏訪の習焼神社

LINEで送る
Pocket

古式にのっとり、ひさごでくんだ水を火にかけて地域の安全を願った鎮火祭

諏訪市南真志野の習焼神社で22日、「秋葉さまの火祭り」と呼ばれる鎮火祭が行われた。江戸時代に真志野村(現同市湖南)一帯を焼きつくした大火に由来する神事で氏子総代や区役員らが8人が参列し、火災や災害が起きないよう地域の安全を祈願した。

村を焼いた大火は1777(安永6)年3月に発生。焼け残った家は指折り数えるほどであったとされる。鎮火祭は再び大きな火災が起きないよう、火防開運の神を祭る遠州秋葉神社(浜松市)の御分霊を地元のほこらに祭ったのが始まりで1781(天明元)年8月22日から毎年同日の夕方に行っている。

合併殿での神事後、前庭の夫婦桂の根元に設けた祭場に移動し、火打ち石で忌火を点火。参列者全員で大祓詞を奏上し、有賀寛典宮司が古式にのっとり、ひさご(ヒョウタン)でくんだ水、ワカメ、砂をかけて火を鎮めた。

伊藤政雄・南真志野区長(70)は「伝統を受け継ぎ、次の世代に引き継ぐことは大切なこと。大雨災害とコロナ禍で厳しい状況にあるが、これ以上災害が起きないよう、また早く収束するよう願いたい」と話していた。例年は区民が集まり、境内に屋台などが出てにぎわうが、コロナ禍のため昨年に続き今年も役員だけで行った。

おすすめ情報

PAGE TOP