9月6日にクロモジサミット 飯島で連動イベ

LINEで送る
Pocket

クロモジを保護育成しようと、苗木を植栽するいいじま森の会の活動=5月9日、飯島町の町民の森

香木・薬木の「クロモジ」を生産拠点の駒ケ根市で研究する養命酒製造(東京)が立ち上げたクロモジ研究会(全国44団体で組織)は9月6日に、初めての「クロモジサミット」をオンラインで開く。今年、6日が「クロモジの日」として認定されたことを記念して行う。全国各地のクロモジ関連事業者らを結び、今後の活用に向けて課題や取り組みを共有する。9月4日にはクロモジ商品などを販売する関連一般向けイベントも飯島町田切の道の駅「田切の里」駐車場で開く。

県内からは伊那市や駒ケ根市、いいじま森の会(飯島町)、県上伊那地域振興局、岡谷市湊財産区が加盟する同研究会。成分の機能性研究が進み、アロマやハーブティーなどの商品化など活発になってきているクロモジ関連産業の持続的発展を目指して2018年に発足した。

クロモジの日やサミットと連動する「クロモジWEEK」として飯島町で開くイベントは、いいじま森の会が主催。森の会が町内に自生するクロモジを使って開発した葉と茎を焙煎した茶や、芳香水の除菌スプレーなどを特価で販売するなどし、森林資源を保全して活用につなげている同会の活動を紹介する。

関係者が参加するサミットでは、熊本大学の渡邊高志教授が資源植物の産業利用事例について講演。各地の団体が商品開発や普及活動などの取り組みを発表し、古来からあるクロモジの文化を産業として広めていくため意識を高める。
[
サミット運営委員会のメンバーでもある森の会の福田富穂会長は「サミットで全国の最新の研究成果を見聞きし、さらに地域貢献につながるよう取り組みたい。森の会のイベントでは、魅力ある地元素材でもあるクロモジの持つ可能性を多くの人に伝えることができれば」と話している。

飯島町のイベント開催時間は午前10時~午後3時。問い合わせは福田さん(080・4845・9253)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP