駒ケ根高原レディスクリニック 母乳専門外来

LINEで送る
Pocket

駒ケ根市の駒ケ根高原レディスクリニック(山田雅人院長)は今月から、院内に母乳専門外来を開設した。従来実施していた母乳育児に関する相談体制を強化。同院で出産した母親と赤ちゃん以外も広く受け入れ、育児相談や母乳に関する悩み、トラブルなどに対応していく。

妊産婦の産前・産後ケアに取り組む同院。2010年6月の開業以来、母乳育児の相談にも対応してきた。当初は同院で出産した母子のみを対象としていたが、クリニックに併設する子育て支援拠点「ゆりかごあそびの森」の利用者など、近年は一般にも門戸を広げている。開業から6年が経過し、母乳ケア専門の助産師も充実してきたことから、専門外来を設置することにした。

母乳外来では育児相談をはじめ、母乳に関する悩みやトラブルへのケア、卒乳、断乳の相談などにも対応。上伊那地域の市町村では今年度までに、助産所や医療機関で実施する乳房ケアなどへの助成制度を導入しており、以前よりも気軽に利用する母子が増えているという。

同院は「トラブルまでいかなくても、母乳に関して気になることがあれば相談してほしい」とし、利用を呼び掛けている。

診療時間は月、火、水、金曜日が午前9時~正午と午後3時~5時30分、木、土曜日は午前中のみ。日曜祭日は休診。問い合わせは同院(電話0265・82・1010)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP