プレミアム付き商品券第2弾販売開始 箕輪町

LINEで送る
Pocket

「みのわ地元応援券」を買い求める人たち

箕輪町は10日、町プレミアム付き商品券事業「コロナに負けるな!みのわ地元応援券(第2弾)」の販売を始めた。新型コロナウイルスの影響を受けた町内の事業者への支援や、地元住民の暮らしへの応援などが目的で、昨年度に続き2回目となる事業。事前申し込みをした人を対象に、10月11日まで所定の場所で販売する。

事業は紙製応援券の配布と地域電子マネー事業「みのちゃんカード」へのチャージによる2種類。紙製応援券は1万5000セット用意し、1万3000円分を1万円で、みのちゃんカードは5000セット用意し、1万5000円分のポイントを1万円で販売する。地域への経済効果は2億7000万円を見込む。

町内外の住民に対し、8月26日まで事前申し込みを呼び掛けたところ、4780人から計1万5830セットを受け付けた。町では予定販売セット数に達していないため、第2次販売を検討している。

使用期間はどちらのタイプも10日~来年1月31日。紙製応援券の使用内訳は全事業所共通券8枚と小規模事業所専用券5枚となる。紙製応援券とみのちゃんカードは、各取扱店で利用できる。
 
初日の販売は地域交流センターみのわで行った。会場は「密」を避けるため、入場人数を規制して職員らが対応。紙製応援券を3セット購入した町内の70代女性は「衣料品や食品などの購入に活用したい。前回も利用したが、とても助かる」と話していた。

11日は午前9時~午後4時に同センターで販売。以降は平日のみの販売で、午前9時~午後5時(16日は午後8時まで)に産業支援センターみのわで対応する。問い合わせは町商工係(電話0265・96・8300)、町商工会(同79・2117)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP