中アのライチョウ復活作戦 移送した母鳥死亡

LINEで送る
Pocket

環境省が中央アルプスで取り組むニホンライチョウの「復活作戦」に参加している栃木県の那須どうぶつ王国は15日、4歳の雌が13日に死亡したと発表した。死亡した雌は、8月に中アから移送したひな6羽の母鳥。残されたひなの健康状態は良好で、少しずつ落ち着きを取り戻しているという。

同園によると、13日午前7時40分ごろ、飼育室で動けずに横になっている母鳥を飼育員が発見。治療を行ったが、その後死亡が確認された。飼育室に設置していたカメラには、前日の12日午後9時40分ごろ、母鳥が突如パニックを起こし、激しく飛び回る様子が計27回確認されたという。パニックを起こした原因は不明で、調査を進めている。

ライチョウは、ひながふ化して成鳥になる約3カ月間、母鳥がひなを子育てする生態を持つ。残されたひなは生後2カ月半ほど。親離れには2週間~1カ月かかるとみられ、関係者はひなが自らの力で暮らしていけるか不安に感じているという。

同園の佐藤哲也園長は「移送から1カ月が経ち、ライチョウ家族が新たな環境にも慣れてきたところだった。改めて、ライチョウ飼育の難しさを痛感した」とコメントした。環境省信越自然環境事務所の小林篤専門官は、復活作戦への影響について「現時点では分からない」とし、「残されたひなたちが立派に育って繁殖するよう、園と協力して取り組んでいく」と話した。

おすすめ情報

PAGE TOP