下社木落とし有料観覧席 チケット発送へ袋詰め

LINEで送る
Pocket

下諏訪町御柱祭実行委員会は、諏訪大社下社御柱祭で見どころとなる「木落とし」の有料観覧席のチケット発送に向け、袋詰めの作業を本格的に始めた。実行委のスタッフらが、今月下旬に購入者の手元にチケットが届くよう、郵送準備を進めている。

袋に封入するのは、ネックストラップの付いたホルダー入りのチケットと、入場ID(証明)となるタオルマフラー、当日案内・パンフレット類の3点セット。スタッフらはチケットの席種や日付、日によって色が違うマフラーを確認しながら、ビニール袋に入れている。

実行委によると、木落としが行われる4月8~10日の3日間合わせて約1万5000席分を袋詰めする。一般販売分(約9000席)については購入者ごとに席数分をまとめて発送し、宿泊施設などに割り当てた分はそのまま引き渡す。

封入した当日案内では、同町への交通案内や木落とし会場への徒歩ルート、専用送迎バスの運行などを詳しく説明している。実行委は「チケット購入者が迷わず、不安なく会場に行けるように説明を添えた。当日はゆっくり楽しんでほしい」としている。

おすすめ情報

PAGE TOP