メルヘン街道にオレンジコスモス 茅野

LINEで送る
Pocket

八ケ岳を背にオレンジ色のキバナコスモスが続くメルヘン街道

茅野市芹ケ沢区の有志でつくる芹ケ沢環境チャレンジ隊が整備する国道299号(メルヘン街道)沿道のキバナコスモスが、今年も見頃を迎えている。盆過ぎから咲き出し、10月いっぱいは楽しめそう。晴天時は八ケ岳を背にオレンジ色の花々が風に揺れ、秋の訪れを告げている。

「芹ケ沢南」信号交差点を挟んで道路南側に、延長600メートルにわたり約1000株が植わる。蓼科中央高原や白樺湖など北山の観光地への”玄関口”を花で彩ろうと2010年から取り組んでいる。当初はヒマワリを植えたが、近年は開花期が長いキバナコスモスに統一している。

メンバーは毎年、農業用ビニールの張り替えや、苗の植え替えなどに春先から取り組む。朝倉義正隊長(78)は「観光客への『おもてなし』になれば」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP