コロナ感染県内26人 諏訪地域8人

LINEで送る
Pocket

県などは19日、10歳未満から50代の男女26人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。諏訪地域では8人(諏訪市7人、茅野市1人)の感染が分かった。県内の感染者は累計8611人になった。

諏訪地域の感染者のうち諏訪市の30代会社員男女と未就学男児、30代会社員男女と未就学男児2人の2組はいずれも同居していた。茅野市の女子高校生は、これまでに生徒2人の陽性が確認された諏訪地域の高校の調査で感染が判明した。同校では生徒と職員約190人の調査を行っているが、さらに70人の調査を実施する予定。県は、校内感染の可能性も含め感染経路の調査を進めている。

利用者ら19人の感染が分かっている諏訪地域の保育園では、新たに利用者3人の感染が判明。3人はともに陰性が確認されたが、同居者の発症などを受け再度検査し、いずれも陽性が判明した。感染者は従業員4人、利用者18人の計22人になった。

このほかの感染者は長野市5人、上田市、伊那市各4人、松本市3人、北佐久郡軽井沢町、山梨県各1人。

19日午後4時時点の県内感染者の療養状況は入院中91人、宿泊療養101人、自宅療養88人、調整中11人。入院患者のうち中等症は16人、重症は1人。

18日午後8時時点の確保病床使用率は16.4%。県内4地域別の病床逼迫度(軽度・中等症用病床の使用率)は南信16.0%、中信11.1%、東信41.3%、北信14.0%。

おすすめ情報

PAGE TOP