幻想的ほおずき提灯 伊那市高遠町ご城下通り

LINEで送る
Pocket

ほおずき提灯で赤く照らされた「ご城下通り」

伊那市高遠町の「ご城下通り」沿いに21日、ほおずき提灯が飾り出された。辺りが暗くなると明かりが入り、稲穂を模して笹竹につるした赤い提灯が通りを幻想的に照らした。

22日に宵祭り、23日に本祭りの日程で行う鉾持神社の合併祭に併せて開催する高遠燈籠祭は、新型コロナの影響で2年連続で規模を縮小。高遠囃子の巡行や山車の曳行、子供みこしの練り歩きは中止した。店の前に笹竹を立てた商店主は「ほおずき提灯を出すことしかできず残念だが、来年に期待して、今はただ頑張るしかない」と話した。

ほおずき提灯は23日まで飾り出す。通りを歩く人は「この色を見ると深まる秋を感じる」と話し、城下町の風情を楽しんでいた。

おすすめ情報

PAGE TOP