認知症支援に理解を 高遠ダムライトアップ

LINEで送る
Pocket

オレンジ色にライトアップされた高遠ダム

伊那市は21日夜、認知症への理解を呼び掛けるため、同市高遠町の高遠ダムを認知症支援のシンボルカラーのオレンジ色で光らせるライトアップを始めた。30日まで。

9月の「世界アルツハイマー月間」に関する取り組みの一環で初めて実施。市民に認知症について正しく知ってもらい、認知症とともに生きていくことを考えてもらう機会となるよう企画した。

午後6時30分になると、照明が点灯され、ダムの姿がオレンジ色に浮かび上がった。点灯時間は午後10時まで。

市はこのほか、10月10日まで認知症に関する書籍を集めた特設コーナーを伊那図書館に設置。同日には介護・認知症相談会を同館で開くほか、電話相談(0265・96・8139)を行う。時間はともに午前10時~午後3時。

おすすめ情報

PAGE TOP