赤ソバ「高嶺ルビー」見頃 井戸尻史跡公園

LINEで送る
Pocket

井戸尻史跡公園のほ場で見頃を迎えている赤ソバ「高嶺ルビー」

富士見町池袋の井戸尻史跡公園のほ場で、赤ソバ「高嶺ルビー」のピンク色の花が広がっている。今週末までが一番の見頃で、10月に入っても楽しめるという。

赤ソバ畑は約7アール。同公園は井戸尻考古館が管理しているが、ほ場の耕うんを地元の農家に委託。水生、湿生植物と花期がずれる赤ソバを約10年前から栽培している。

交雑してかピンクに白い花がぽつぽつと混じり、紅白のめでたい彩りも。近くには縄文時代の復元住居や水車があり、赤ソバ畑の雰囲気を一層引き立てる。町教育委員会の樋口誠司さんは「露をかぶった赤ソバの花に朝日が当たる瞬間が本当に美しい」と話している。

おすすめ情報

PAGE TOP