伊那市横山バイクパーク 2期工事近く着工

LINEで送る
Pocket

自転車専用コースが整備される伊那市横山の最終処分場跡地

伊那市は、同市横山の最終処分場跡地に整備する自転車専用コース「横山バイクパーク」の工事を近く始める。昨年度までにコース整備に必要な土砂の搬入や測量設計、コースデザインを完了。今年度に繰り越しとなっている1期工事に加え、2期工事を実施する。市議会9月定例会で今年度分の工事費を盛った補正予算の議決を受け、今後、入札、発注を行い、今年度中の完成を目指す。

最終処分場は隣接する旧不燃物・粗大ごみ処理施設「鳩吹クリーンセンター」の閉場に伴い埋め立てを終了。同センターの後利用などと合わせて一帯をアクティビティーの拠点として整備する方針を固め、最終処分場跡地については自転車専用コースを設けることを決めた。

市によると、バイクパークは約8000平方メートル。1期工事では昨年度搬入した土砂で敷地造成を行い、「デュアルパンプトラック」と呼ばれるチョウのような形をしたコースを整備する。パンプトラックはマウンテンバイク(MTB)などの自転車で楽しむ起伏のあるコースで、路面が波打つような形状をしているのが特徴という。

また、2期工事ではトレイルエリアやジャンプエリア、ドロップエリア、コーナーエリアなどの各コースを整備。子ども用の「ヨツバモトコース」も設ける。

現在はバイクパークを運営したり、利用者が集ったりする管理棟の整備工事を行っている。もともとはペットボトルの減容棟だった建物で、1階に事務室、受付、フリースペース、トイレ、更衣室、2階にフリースペースを設ける。完成は9月末の予定で、バイクパークより先行するが、プレオープンとして活用を検討する。

一方、旧鳩吹クリーンセンターの活用方法は決定していない。建屋内部の活用については地元からいくつかの要望が挙がっており、人工の壁面を登るボルダリングができるクライミングウオールを設ける案などが出ているが、現在調整中という。

全体の事業費は2億5000万円を見込み、「有利な財源」である辺地対策事業債(辺地債)を活用し、一帯の総合的な整備を図る。

おすすめ情報

PAGE TOP