”揚げ物”持ち帰りラリー 下諏訪商議所企画

LINEで送る
Pocket

10月1~30日に行う飲食店応援企画「下諏訪アゲアゲテイクアウトラリー大作戦」をPRする下諏訪商工会議所青年部員

テークアウト需要が低迷するなどコロナ禍で厳しい経営状態に陥る飲食店を応援するため、下諏訪商工会議所青年部は「下諏訪アゲアゲテイクアウトラリー大作戦」を展開する。町内の対象20店舗で各店自慢の揚げ物1品をテークアウトしてシール3枚を集めると、クオカードや下諏訪商連商品券がもらえるキャンペーン。対象期間は10月1~30日で、青年部では多くの利用を呼び掛けている。

長引くコロナ禍で夜営業を中心とする飲食店の利用が減退し、テークアウトも時短要請があった昨年5~7月に比べて大幅に利用が落ち込んでいることから、同青年部では飲食店応援企画を計画。第1弾として金銭的に飲食店を支援するクラウドファンディングを実施した。

同キャンペーンは飲食店応援企画第2弾。県のテイクアウト・デリバリー応援事業補助金を活用。気持ちを「アゲる」、店の売り上げを「アゲる」などの思いを込めた企画。多くの店を利用してもらうことでテークアウト需要を高め、リピーターも獲得してもらう狙いがある。

システムはチラシに載っている各店自慢の揚げ物1品をテークアウトした際に発行されるシール3枚を専用の応募台紙に張って同商議所に提出。台紙には必ず3店舗分のシールを貼るものとする。

シールを貼った台紙を提出すると、先着100人にクオカード(500円分)をプレゼント。また抽選で商連商品券3万円分が1人、1万円分5人、5000円分10人、1000円分が15人に当たる。抽選は11月5日に実施。商品発送をもって発表とする。

同青年部の宮本総子会長は「この機会に行ったことのない店に足を運び、各店の自慢の揚げ物を味わってもらい、家族で楽しいひとときを過ごしてほしい」と話している。

応募用台紙は下諏訪商議所などに設置。問い合わせは同商議所(電話0266・27・8533)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP