公共施設の利用再開 茅野市

LINEで送る
Pocket

利用を再開した茅野市中央公民館で検温をする女性

茅野市は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い休止していた市内公共施設の利用を9月30日から再開した。10カ所の地区コミュニティセンターでは不特定多数が参加する行事の自粛を求めるなど施設ごと注意喚起しながら対応している。休止期間は9月3日から1カ月近くに及び、待ちわびた市民からは利用再開を喜ぶ声が聞かれた。

公共施設の利用休止は県が設定した9月3~12日の「命と暮らしを救う集中対策期間」から始まり、その後、市内で感染者が増えたこともあり、29日まで延期していた。

玉川地区コミュニティセンターで開いているストレッチ体操の教室に参加している市内の女性(72)は30日、市中央公民館に手続きをするために訪れた。「(教室を)休むと体が硬くなる。再開はうれしい」と喜んだ。

市教育委員会スポーツ健康課によると、「運動公園の施設はいつから再開するのか」といった問い合わせが寄せられていたという。運動公園テニスコートでは同日午前、市ソフトテニス協会所属の団体「リフレッシュ」のメンバー8人が練習を再開し、会員の男性(76)は「体を動かすとすっきりする」と笑顔。諏訪圏域の感染警戒レベルは「2」まで下がっており、「このまま下火になってほしい」と願っていた。

おすすめ情報

PAGE TOP