諏訪湖オータム花火 きょうから12日間

LINEで送る
Pocket

諏訪観光協会と諏訪湖温泉旅館組合、諏訪市が主催する「諏訪湖オータム花火」が1日から始まる。諏訪市湖畔公園前の湖上で12日間、各日午後6時から約500発の花火を打ち上げる。台風接近に伴い中止する場合は、1日午後4時までに同協会のホームページやSNSで発信する。

毎年9月に開く全国新作花火競技大会(今年は中止)の参加煙火店24社から花火の提供を受け、各社が得意とする花火を小口煙火(諏訪市)が初島と台船から打ち上げる。日程は1、2日と8、9日、13~16日、22、23日、29、30日。初日はイケブン(静岡県藤枝市)と森上煙火工業所(岡山県岡山市)の花火が上がる。

諏訪観光協会は今回、コロナ禍で頑張っている人を励まそうと、初めてメッセージを募集した。寄せられた57件のメッセージは花火玉に貼り付けられていて、花火とともに夜空を彩る。

湖畔公園は、開催日の午後5時30分から1時間は飲食禁止。マスクの着用や小グループでの来場、入退場時の混雑回避に協力を求めている。花火は動画投稿サイト「ユーチューブ」にライブ配信するため、自宅などでも諏訪湖の花火を楽しんでほしいと呼び掛けている。

問い合わせは、事務局の諏訪観光協会(電話0266・52・2111)または諏訪市観光案内所(電話0266・58・0120)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP