「ぐるっとタクシー」伊那市内全域に拡大

LINEで送る
Pocket

伊那市役所を出発する「ぐるっとタクシー」

伊那市は1日、人工知能(AI)を活用した自動配車乗合タクシー「ぐるっとタクシー」を天竜川東側地域の「竜東・美篶・手良地区」と「高遠町地区(河南・高遠南区を除く)」で本格運行を始めた。9月から無料のプレ運行を行っており、同日から本格運行に移行。これにより運行エリアは市街地を除く市内全域に拡大した。

ぐるっとタクシーは、乗車予約を受けるとAIが最適なルートを判断し、タブレット端末を通じて運転手に知らせる仕組み。複数の利用者を乗せながら効率良くそれぞれの目的地へ向かう。

昨年4月から天竜川西側地域で本格運行がスタートし、今年4月には天竜川東側地域の「富県・東春近地区」などへ運行エリアを拡大。今回新たに2地区が加わり、全6地区で計12台のタクシーが運行される。それぞれのエリアと市街地を結び、買い物や通院に利用できる。

利用対象者は各運行エリアに居住する 1.65歳以上の高齢者 2.運転免許証返納者 3.障がい者 4.指定難病患者 5・持病により運転ができないなど、移動が困難な事情がある人―。利用には事前の登録が必要で、これまでに全地区で計1962人(9月末現在)が登録している。

運行時間は平日午前9時~午後3時。予約は電話、ウェブ、ケーブルテレビから行う。通常の運賃は1人1回500円だが、来年3月末までは利用促進キャンペーンとして通常利用者は300円、割引対象者は150円で利用できる(全地区)。

1日は市役所で出発式が開かれ、白鳥孝市長は「運行範囲が市内全域に広がり、地域の皆さんの移動手段として定着してきた。今後も市民、移動困難者の足となることを期待する」と話した。

運行事業者を代表しジェイアールバス関東中央道支店の太田治彦支店長は「今まで以上に多くのお客さまに利用いただけるようになった。安全運転に徹するとともに、おもてなしの気持ちで対応したい」と決意を述べた。

おすすめ情報

PAGE TOP