ヒマワリ畑で撮影を JA上伊那南箕輪支所

LINEで送る
Pocket

JA上伊那南箕輪支所の敷地内に設置されたヒマワリのフォトフレーム

南箕輪村のJA上伊那南箕輪支所の敷地内に、ヒマワリをあしらったフォトフレームがお目見えした。職員有志が育てたヒマワリ畑の中に設置した手作りの”撮影スポット”。「気軽に写真を撮って楽しんで」と呼び掛けている。

支所内に立ち上げた「次世代対策プロジェクト」の発案。建物北側の使われていなかった約40平方メートルの荒れ地を整備して7月下旬に種をまき、プロジェクトのメンバーが交代で水やりや草取りなどの手入れを行ってきた。畑の中央に、ヒマワリの造花を飾り付けた手作りのフレームを組み立てて完成させた。

畑に咲いたヒマワリの花は遅咲きの品種で、10月上旬ごろまで楽しめそうという。プロジェクトリーダーの清水淳平さん(28)は「若い人にも立ち寄ってもらえる場所をつくりたい―と、メンバーで意見を出し合った。来年以降も新しい取り組みをしていきたい」と話している。

おすすめ情報

PAGE TOP