八ケ岳山麓サイクルツーリズム ガイド育成へ

LINEで送る
Pocket

サイクリングを核に地域活性化を目指すプロジェクトを発表する牛山さん(左)ら

ちの観光まちづくり推進機構(茅野市)は12日、自転車で八ケ岳山麓エリアを巡る「サイクルツーリズム」を推進するため、22~23日から「セミナー」と「自転車の実走による研修会」を組み合わせたプロジェクトを始めると明らかにした。「プロフェッショナル・ガイド」の育成やツアー用のルート作りなどを進め、サイクリングを核に飲食店や観光・文化施設など地域を面的につなげて魅力を発信する。

プロジェクトの講師は広島県と愛媛県を結ぶ「しまなみ海道サイクリングロード」など各地でサイクルルート作りに関わる高橋幸博さん=北海道=が務める。ファミリー、シニア、自転車愛好者といった各層別に楽しめるコースにする予定だ。

セミナーと、実走によるガイド研修会を2日間のセットにして12月19~20日まで計5回行い、ガイドのポイントや注意点などを学ぶ。セミナーはウェブ会議システム「Zoom(ズーム)」によるオンラインで実施し、実走によるガイド研修会ではガイドの疑似体験などをする。

プロジェクトリーダーで競輪選手の牛山貴広さん(40)=原村=は米国などで自転車を生かした観光地づくりの現場を見てきたといい、「(八ケ岳エリアも)上り下りを自転車で走れて楽しい。夏涼しい気候も合っている」と今後の展開に期待を込めた。

セミナーなどへの参加者の居住要件は問わない。参加費は無料だが、研修会の実走で自転車をレンタルする場合は自己負担になる。セミナーもガイド研修会も専用フォームから申し込む。問い合わせは事務局の日向さん(電話090・4522・6001、午前9時~午後7時)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP