”楽しく働く”を支援 箕輪に「夢まちラボ」

LINEで送る
Pocket

関係人口創出などを目的にオープンした「夢まちラボ」

箕輪町は、同町南小河内の旧東部診療所を改修し、関係人口創出などを目的としたコミュニティー施設「夢まちLabo(ラボ)」を整備した。コワーキングスペースやシェアオフィスにカフェなどを備えた施設。14日にオープニングセレモニーがあり、関係者約20人が施設開所をテープカットで祝った。

都市部の企業が求めるサテライトオフィス開設やリモートワーク推進などを支援するための施設。「楽しく働く 新しく見つける 楽しく繋(つな)がる ローカルエリアのコミュニティ」を施設のコンセプトに掲げ、地元住民との交流事業などを通して地域活性化も目指していく。

施設は木造平屋建て427平方メートル。コワーキングフリースペース30席ほどと半個室9ブース、シェアオフィス6部屋のほか、レンタルルームやレンタルボックスを設けた。カフェは利用者以外も入場でき、飲み物や軽食を提供する。総事業費は約1億400万円。運営はローカルライフ(同町松島)に委託する。

オープニングセレモニーで白鳥政徳町長は「近年は働く場所を選ばない時代になってきている。いろんな人に施設を活用してもらう中で、地元の人たちと一緒になって地域課題の解決に取り組んでもらえたら」と話していた。

料金はシェアオフィスが月1万1000円~3万5000円。コワーキングがフリースペース1人500円、半個室同1000円。営業時間は日曜日と年末年始を除き午前8時30分~午後9時。問い合わせは同施設(電話0265・98・0322)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP