幻想的な独自アート 岡谷で両角さん初個展

LINEで送る
Pocket

パステル画とペーパークイリングアート、点描曼荼羅を組み合わせた作品と両角しほかさん=岡谷市の喫茶「ほっとサロン心和」

岡谷市中央町の喫茶「ほっとサロン心和」で22日から、両角しほかさん(40)=諏訪市湖南=の個展「~虹色ふわり~」が開かれる。優しい色合いのパステル画、ペーパークイリングアート、点描曼陀羅を組み合わせた作品約60点を展示、販売する。24日まで。

2018年からパステル画教室に通い始めた両角さんはすぐに夢中に。細長い紙を巻いたパーツで作るペーパークイリングアート、点描曼荼羅にも取り組み、1年ほど前からそれぞれを組み合わせたオリジナル作品の制作を始めた。

今回が初の個展。「よろこびの歌」はパステル画と点描曼荼羅を組み合わせた作品で、羽ばたく白鳥と曼荼羅が幻想的に描かれている。「くじらのワルツ」はパステル画にペーパークイリングを貼り付け、花畑の海で泳ぐクジラを表現。カラフルで柔らかな色彩が会場を包み込んでいる。

ポストカードや塗り絵帳、ペーパークイリングの曼荼羅飾りなども販売している。両角さんは「作品を見てほっとしてもらい、何かを始めたいと思うきっかけになれたらうれしい」と来場を呼び掛けている。

入場無料。時間は午前11時~午後5時(最終日は午後4時まで)。23、24の両日、ペーパークイリングアート体験会を開く。各日午後1時、同2時30分からの2回で定員は各回2人。体験料1000円。事前予約が必要で、申し込みは小松さん(電話090・8348・6788)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP