なかがわ産業祭盛況 商工祭と農業祭を統合

LINEで送る
Pocket

買い物客でにぎわった販売コーナー

中川村商工会とJA上伊那は23日、これまでそれぞれに開催していた商工祭と農業祭を統合した新たな地域活性化イベント「なかがわ産業祭」を同村片桐の中川ショッピングセンターチャオと施設周辺で開いた。テークアウト料理や農産物の販売、体験コーナーなど多彩な催しに多くの家族連れが訪れ、久しぶりのイベントを楽しんだ。当初は昨年のこの時期に開く予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止。二つの催しを統合した初の試みが1年越しで実現した。

産業祭には、村商工会青年部の北海道物産展や中川中学校の生徒が考案したスイーツの販売をはじめ、各店舗、事業所によるブースが設けられ、なかがわプレミアム大抽選会の受け付けやフードドライブ、高所作業車、消防車の乗車・放水体験など、多彩な催しを展開。中学生のスイーツ販売など開始後わずかな時間で売り切れるブースもあった。

村商工会の宮下進吾会長、商工会地域活性化委員会の富永憲和委員長は「商工会と農協の良い面が出た催しになった」「場内で飲食ができないのは残念だが、来年はその場で飲み食いが楽しめるイベントになれば」と話していた。

抽選会は26日に行い、結果は28日午前10時ごろから村商工会ホームページとチャオで発表する。

おすすめ情報

PAGE TOP