大イチョウライトアップ 諏訪の佛法紹隆寺

LINEで送る
Pocket

琴野さんによるピアノやギターの演奏もあった佛法紹隆寺イチョウのライトアップ

諏訪市四賀の佛法紹隆寺は23日、境内にあるイチョウのライトアップを始めた。同市湯の脇の温泉寺、茅野市玉川の長円寺との連携企画「お殿様が愛した『諏訪紅葉三山めぐり』」の一環。市の天然記念物に指定されている大イチョウの木を照らし、秋の夜を彩っている。

訪れた人に360度、どの方向から見ても楽しんでもらおうと行うライトアップ。岩﨑宥全住職によると、今年は例年に比べて紅葉が遅く、一部は黄色く色づいているものの青い葉が大半を占めている。岩﨑住職は「例年より1週間ほど遅い。11月半ばくらいに見頃を迎えるのでは」と話している。

初日は点灯に合わせ、境内でコンサートを開いた。会社員の傍らライブ活動を行う琴野大輝さん(24)=松本市=がピアノやギターでポップスにアレンジを加えた演奏を披露。訪れた人は照らし出されたイチョウとともに、境内に響く音色を楽しんでいた。

ライトアップは落葉するまで行う。時間は午後5時~同8時30分ごろ。

おすすめ情報

PAGE TOP