マツタケ「最高」 諏訪市後山の料理店営業開始

LINEで送る
Pocket

マツタケ尽くしの料理を堪能する来店客。店内に芳香が漂った=24日夜、諏訪市後山

マツタケ尽くしの料理を堪能する来店客。店内に芳香が漂った=24日夜、諏訪市後山

マツタケ産地の諏訪市後山にある料理店・松茸山荘で24日、今季の営業が始まり、県内外からの予約客が「秋の味覚の王様」をふんだんに使った料理に舌鼓を打った。経営者の遠藤猶善さん(66)によると、収穫量が安定しないため客の受け入れを制限しながらのスタートとなった。

店内にはマツタケ特有の香りが漂い、予約客は焼き物や茶碗蒸し、すき焼き、炊き込みご飯などマツタケ尽くしの料理を堪能。昼に訪れた都内の男性は「このために朝食を軽めにした。味も香りも最高」と満足そうだった。

平年だと25日間ほど営業するが、「9月初めの暑さの影響か、ここにきて雨が降りすぎているせいか、発生したり滞ったりで、先がなかなか見通せない」と遠藤さん。「正直困っているが、これから上向くことを期待したい」と話していた。

完全予約制で、営業時間は午後0時半~7時。問い合わせは同店(電話0266・58・8283)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP