上諏訪駅周辺まちづくり楽しむ会議 来月発足

LINEで送る
Pocket

JR上諏訪駅周辺の未来のまちづくりへの参加を呼び掛ける諏訪市職員

諏訪市は11月17日、JR上諏訪駅周辺のまちづくりを市民と企業、行政がともに語り合う「上諏訪駅周辺の未来のまちづくりを楽しむ会議(エキまちカイギ)」を発足させる。メンバーを募集中で「自らの手で、上諏訪の『欲しい未来』を創りたい方の参加をお待ちしています」と呼び掛けている。8日まで。

駅周辺のほか旧東洋バルヴ諏訪工場跡地や市文化センター、諏訪湖畔の温泉街を含めたエリア一帯の未来ビジョンを今年度から2カ年計画で策定する「上諏訪駅周辺まちなか再生推進事業」の一環。国土交通省の補助対象事業で、初年度は同会議の話し合いを経て、産学官の多様な人材が集う「エリアプラットフォーム」の形成を目指す。

同会議は、駅周辺の未来を創りたい人たちで構成。大切な価値や求める未来の姿を共有しながら、自らできることを構想し、実現に必要な産学連携のまちづくりの在り方を議論する。第1回は11月17日午後7時から市駅前交流テラスすわっチャオで開き、「どんな上諏訪の未来が欲しいか」をテーマに話し合う。

メンバーの年齢、居住地、国籍は不問。市側は▽自らの手で、上諏訪の欲しい未来を創りたい人▽市役所と連携してまちづくりを進めようと思う人▽人も資源も空間も上諏訪は宝の山だと思う人―の応募を歓迎している。

希望者は、参加の動機や意気込みを100字以内にまとめ、ながの電子申請サービスかファクスで市都市計画課街路区画整理係に申し込む。

申し込み、問い合わせは同課(電話0266・52・4141、ファクス0266・52・8164)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP