辰野町荒神山公園4施設が連携 7日イベント

LINEで送る
Pocket

辰野町の荒神山公園で7日、宿泊入浴や文化・スポーツなどの4施設による秋の合同イベント(たつのパークホテル、たつの未来館アラパ主催)が開かれる。各施設が連携して人の流れを生み出し、公園全体のにぎわい創出につなげようと初めて企画。それぞれ作品展や演奏会、スポーツ体験、プレゼントなど趣向を凝らした内容を用意し、気軽な来場を呼び掛けている。

参加施設はパークホテル、アラパ、湯にいくセンター、辰野美術館。各施設と公園管理者の町教育委員会は昨年から、定期会議を開いて多分野の施設を機能的にPRする手段を検討。スポーツで汗を流した後、入浴や食事、文化体験を楽しむなど、「一日かけてゆっくり過ごせる荒神山公園」としてPRする仕組みづくりを目指してきた。

第1弾の合同イベントは午前10時にスタート。パークホテルでは、中高生の力作を含む絵画や手芸などの作品展のほか、地元太鼓チームの演奏を予定。アラパでは3×3バスケットボール大会(6日までに予約が必要)やフリースロー対決、子ども向けキックバイク練習会といったスポーツ体験を行う。フラダンス、チアダンスの発表もある。

ほかに、湯にいくセンターでは町の花の風景をまとめた写真展、辰野美術館では企画展「時のこども展」を開催。各施設の来場者には、同町の米玉堂食品から寄贈されたビスケットなど菓子260袋を先着順でプレゼントする。

パークホテルの松井夏穂支配人は「コロナ禍で 町内イベントは軒並み中止となってしまったが、ここにきて感染状況が落ち着いてきた。新しいイベントが、町を活気づけるきっかけになれば。ぜひ足を運んでほしい」としている。

おすすめ情報

PAGE TOP