諏訪の阿弥陀寺 広がる色彩

LINEで送る
Pocket

色づき始めた阿弥陀寺の木々

諏訪市上諏訪の唐沢山にある阿弥陀寺で木々が色づき、来訪者を楽しませている。境内や参道のカエデが赤や黄色となり、色づく前の緑の葉とのコントラストも美しく、本堂や庫裏、鐘楼を覆うように彩っている。

諏訪市の紅葉の名所の一つ。険しい坂道の先に鐘楼があり、本堂へと続く参道から見上げると、空を覆うようにしてカエデなどが立つ。本堂裏手の一段高い場所にある岩屋堂からは眼下に紅葉、遠くに諏訪湖が一望できる。

同寺を訪れた山県清司さん(77)=茅野市豊平=は「ここには5年ほど前に来たことがあり、それ以来だが、そのころと変わらずきれいな景色に出合うことができて良かった」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP