伊那で7日「森JOY」 会場とオンラインで

LINEで送る
Pocket

「森JOY」のチラシ

森を楽しむイベント「森JOY」は7日、伊那市の市民の森(ますみケ丘平地林)とオンラインで開く。「たき火と森を感じる1日」をテーマに、たき火を囲んで語り合う「たき火のススメ」やコンサート、地域材を使ったDIYなど森の魅力を体験する多彩なプログラムを繰り広げ、森と人が関わり合う豊かな未来を考える。

伊那市の森林の50年後のあるべき姿を示した「市50年の森林ビジョン」をサポートする市ミドリナ委員会が主催し、今年で4回目。昨年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、オンラインのみの開催となったが、今年は市民の森会場とオンライン配信を同時に行う。

ピアニストの平澤真希さんとオペラ歌手の高橋正典さんのオープニングコンサートで開幕。「たき火のススメ」では同委員長で人物デザイナーの柘植伊佐夫さんと白鳥孝市長が森、木の活用、たき火の魅力を語る。山仕事、たき火パンの作り方、市民の森の歩き方の紹介、森の移動オフィスの初披露もある。

オープニングに加え、平澤さんと高橋さんによる「森のコンサート」も。伊那北高校合唱部との共演でミドリナのテーマソング「森のこえ」でフィナーレを飾る。

市民の森会場では飲食などの販売は行わないが、レジャーシートなどを持参してもらい、森の中でくつろいでもらう。たき火、火おこし、まき割り体験や地域材でテーブルを作るコーナーなども設ける。先着200人。雨天中止(オンラインのみ)。事前の予約が必要。申し込みフォーム(https://forms.gle/wHCPkHQUcWsdbS4H7)から受け付けている。

時間は正午~午後3時。参加無料。オンラインはパソコンやスマートフォンで(http://midorina.jp/2021morijoy/)から参加できる。伊那ケーブルテレビジョンでも生放送する。

問い合わせは市50年の森林推進室内の同委員会(電話0265・78・4111)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP