カエデ色鮮やか 出早公園紅葉見頃 岡谷市

LINEで送る
Pocket

紅葉の見頃を迎えた岡谷市の出早公園

紅葉の名所として知られる岡谷市出早の出早公園で、紅葉が見頃を迎えている。日当たりの良い北側を中心にカエデが色鮮やかに赤く染まり、訪れた人たちはゆっくり眺めたり、写真を撮影したりして紅葉を楽しんでいる。

出早雄小萩神社の社叢でもある同公園には、約20種類、500本以上のカエデが群生。春はカタクリやアズマイチゲがきれいに咲き、自然豊かな名所として親しまれている。園内の自然保護・育成に取り組む「愛楓会」の鮎沢正彦会長(77)は「ここ数日で一気に色づいた。境内の方はこれからなので、今月中旬ごろまでは楽しめそう」と話している。

同公園では7日まで、恒例の「もみじ祭り」を開催中。6、7の両日は同神社の御朱印やお札の頒布と、「そば落雁」の販売を実施。園内のライトアップも10日ごろまで行われている。

おすすめ情報

PAGE TOP