光の共演「星空のイルミ」開幕 原村

LINEで送る
Pocket

星空のイルミネーションを楽しむ親子連れ

原村原山の第1ペンション入り口広場で13日夜、「星空のイルミネーション2021」(原村観光連盟、同実行委員会主催)が開幕した。同広場と第2ペンションビレッジを結ぶ道路の沿道約1.2キロなどに約3万5千球のLED電球が飾られ、星空との光のコラボレーションに彩られている。

イルミネーションは20年ほど前からペンションオーナーらが行ってきたが、約10年前から実行委員会を組織して開いている。今年は会場に流れる音楽と同調して点滅する工夫も凝らした。

点灯式では、諏訪アルプホルンクラブの演奏に続き、来場者全員でカウントダウン。一斉に明かりがともされると大きな歓声が沸いた。村観光連盟会長の五味武雄村長は「コロナで多くの人が大変な思いをしているが、明けない夜はない。イルミネーションを契機に豊かな生活が送れるように祈念する」と話した。

点灯時間は午後6時~9時。来年2月14日まで。問い合わせは同連盟(電話0266・79・7072)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP