県内一斉「地酒で乾杯」 来月1日にフェス

LINEで送る
Pocket

10月1日午後7時の乾杯を呼び掛ける「信州カンパイFES2016」の関係者たち

10月1日午後7時の乾杯を呼び掛ける「信州カンパイFES2016」の関係者たち

10月1日午後7時に信州の地酒で県内一斉に乾杯しようというイベント「信州カンパイFES2016」が、県内各地のイベント登録会場で開かれる。伊那市内では登録飲食店・宿泊施設12店舗(20日時点)が、市内産の地酒に限っての乾杯を計画。お目当ての飲食店での参加を呼び掛けている。

日本酒の日(10月1日)に合わせたイベント。県民の一体感を創出し、県産の酒に親しんでもらおうと、県小売酒販組合連合会青年協議会などでつくる実行委員会が開く。日本酒はもちろん、ワインや焼酎など県産の酒が対象。6回目だった昨年は、262会場で4152人が乾杯した。今年も実行委が県内全体の参加人数を集計し、発表する。登録会場はイベントのホームページ(Kanpai‐fes.com)に掲載中だ。

同協議会によると、南信地方には浸透し切れていず、伊那市内の登録店も昨年は数店にとどまったという。今年は、地酒のファン層拡大を目指す伊那商工会議所が、市内産の酒を対象にした”伊那版乾杯イベント”を会員事業所に提案。昨年登録店を大幅に上回る12店が呼び掛けに応じているという。同商議所で参加人数をまとめ、実行委員会に報告する予定だ。関係者らは「イベントをきっかけに、地酒に親しんでもらえれば」「みんなで乾杯し、おいしさを味わってもらえれば」と期待している。

”伊那版乾杯イベント”の登録店舗は次の通り。

▽カフェ&酒あびえんと▽北野屋▽酒場ことのは▽とりあえず吾平▽藤よし(以上、伊那市荒井)▽もんじゃ焼き佐榮▽らーめん北から来たよ!▽和風レストラン鍋辰(以上、同市中央)▽はしば(同市坂下)▽中華居酒屋はなきゅう(同市西町)▽みはらしの宿羽広荘(同市西箕輪)▽木曽の権兵衛(同市日影)

おすすめ情報

PAGE TOP