縁起物頒布へ迎春準備着々 諏訪大社

LINEで送る
Pocket

正月に向け、破魔矢や熊手などの縁起物を準備する巫女たち=諏訪大社下社秋宮

正月を間近に控え、諏訪大社では参拝者に頒布する縁起物の準備が着々と進んでいる。下諏訪町の下社秋宮では、巫女(みこ)たちが絵馬や破魔矢、熊手などを整理し、不具合などないか一点一点丁寧に確認している。

今回は16種類の縁起物を用意した。来年の干支(えと)の寅を描いた「開運絵馬」は、茅野市出身の日本画家、岩波昭彦さんが絵を手掛け、今回で5回目。昇運凧(だこ)は、今回も諏訪実業高校(諏訪市)服飾科の生徒がデザインした2種類がある。

頒布は15日から始めた。諏訪大社の上社本宮、上社前宮、下社秋宮、下社春宮の4カ所で求めることができる。新型コロナ感染対策として来年の正月も「分散参拝」を呼び掛けており、縁起物も期間を設けずに頒布する。数は十分に準備があるという。

諏訪大社の神職は来春に御柱祭を控え、「感染症が抑えられ、御柱祭が無事に執り行われることを祈念する」とした。

おすすめ情報

PAGE TOP