プリン新味「豆乳ハニー」 南箕輪の大芝の湯

LINEで送る
Pocket

18日から販売を始める新商品「豆乳ハニープリン」をPRする林篤人さん(右)と原賢三郎副支配人

オリジナル商品「おもてなしプリン」を活用して地域活性化を目指す南箕輪村大芝高原内の日帰り温泉施設「大芝の湯」は、宮田とうふ工房(宮田村)の無調整豆乳を使った蜂蜜入りの焦がしバター豆乳ソースを付けた「豆乳ハニープリン」を発売する。「コクがあり豆乳本来の味わいが楽しめる」一品。18日から販売する。

プリンと地元産素材を組み合わせた企画の一つで18作目。ソースは、甘味や濃い味が特徴の大豆「ナカセンナリ」を使用した豆乳に有賀養蜂園(辰野町)の蜂蜜と焦がしバターを加えた。試作を重ねて素材の味を生かし、プリンとの相性抜群な甘さと香ばしい香りが感じられるソースに仕上げた。

同工房製造責任者の林篤人さん(50)は「大豆の良さも引き出してもらい、アクセントとして面白いソース。ぜひ多くの人に食べてもらいたい」と期待。プリン開発者で村開発公社の原賢三郎副支配人(43)は「二つの味が同時に楽しめる商品になっている」とPRしている。

1個420円(税込み)。大芝の湯と味工房、宮田とうふ工房ショップで販売し、18、19日の2日間は発売記念として360円(各店数量限定)で売り出す。

おすすめ情報

PAGE TOP