日本一誓う 春高控え岡工バレー部知事表敬

LINEで送る
Pocket

1月の大会を前に阿部守一知事を表敬訪問し、記念撮影をする岡谷工業男子バレーボール部の選手ら

バレーボールの第74回全日本高校選手権大会に出場する岡谷工業(岡谷市)の選手らが20日、県庁に阿部守一知事を表敬訪問した。大会に向けて3年生の石坂朋也主将(18)は「見てくれる人が熱くなれるようなプレーをし、チーム一丸となって全力で日本一に挑戦します」と意気込みを語った。

阿部知事は「県代表として戦ったチームやこれまで応援してくれた皆さんの熱い思いを受け止め、いい結果が出せるよう試合に臨んでほしい」と激励した。

石坂主将とともにチームを支える3年生の宮澤愛翔さん(18)と水野永登さん(18)は「勝っても負けても最後の大会。楽しむことを忘れず、チーム全体で優勝を目指していく」と抱負を述べた。

同校の全日本選手権出場は2006年以来で30回目。大会は来年1月5日から東京都内で開かれる。同校は6日の2回戦で日本航空(山梨)と一関修紅(岩手)の勝者に挑む。

おすすめ情報

PAGE TOP