今年で11年目、匿名の寄付 つつじが丘学園

LINEで送る
Pocket

匿名の寄付金50万円が入った封筒とクリスマスカード

岡谷市川岸上の児童養護施設つつじが丘学園(川瀬勝敏園長)に、匿名で封筒に入った現金50万円が届いた。毎年クリスマス前に贈られている寄付で、今年で11年目。中にはこれまでと同じ「Dream for children」と手書きされたクリスマスカードが添えられており、同施設では長年続く善意に感謝している。

封筒は17日午後6時50分ごろ、来客用玄関の郵便受けに投函されているのを川瀬園長が見つけた。「園長殿」とのみ書かれ差出人名はなく、中に現金とクリスマスカードが入っていた。

毎年同じメッセージが書かれていることから、施設では同一人物と受け止めている。2011年から毎年続き、11年間の総額は550万円になった。川瀬園長は「強い思いがないとできないことで、直接会ってお礼を言いたい。子どもたちには地域の人が見てくれていると伝えたい」と話した。

寄付金は、年末年始に施設で生活する子の行事のための費用や、年度末に退所する高校3年生の自立準備のために活用するという。

おすすめ情報

PAGE TOP